2013年02月18日

高梨沙羅

高梨沙羅.jpg

すごすぎますねぇ!

1996年10月8日生まれのまだ16歳。

今シーズンのワールドカップ16戦の内14戦を終えた時点で8勝もあげ、残り2試合を残して初の個人総合優勝。

日本人のスキージャンプワールドカップ個人総合優勝は史上初で、16歳4カ月での達成はFISワールドカップ史上最年少記録。

優勝するだけでもすごいのに「史上初」がこれだけ達成できてしまうのは、もう超人としか言いようがないですねぇ。

152cmという小柄な体格で、その身長に合わせて板も短いというハンデがありながら、飛距離ではほとんど負けないという度胸の良さ。
テレマークさえ決まれば怖いものなしというレベルです。
高梨沙羅02.jpg

16歳でなんであんなにストイックに競技にのめり込めるんでしょう?

自分が16歳の時のことを思うとあまりの違いに愕然とします。
posted by micchida at 10:18| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

四大陸選手権

フィギュアの四大陸選手権が開催され、浅田真央が優勝しました。
久しぶりの200点超えの205.45。

真央ちゃんのパーソナルベストは、バンクーバーオリンピック2010の時の205.5。
それでも銀メダルでした。

その時の金メダルはキム・ヨナ。
なんと228.56というとんでもない記録で、後にギネスで世界記録に認定されてるんですねぇ!

長い間休養したにも関わらず、復帰戦となった2012年12月のNRW杯(ドイツ)で、有力選手がいなかったとはいえ、201.61でダントツの優勝。
今年1月5日の韓国フィギュアスケート選手権でも、国内の大会とは言え、210.77という、これまたぶっちぎりの優勝。

彼女の高得点には色々疑問を持つ人もいるようだけど、点の取れる演技構成の研究の賜物なんでしょう。

優勝するには点を取るしかないわけだから、真央ちゃんも高難度の技だけでなく、その辺の研究もまだまだ必要なのではないでしょうか?

それはともかく、今回の四大陸選手権でもまだまだ10代の有望選手が出てましたねぇ。

4位の李子君(ジジュン・リ)は1996年12月14日生まれの16歳。
昨年11月のNHK杯でも4位に入ってます。
李子君.jpg


6位のグレーシー・ゴールドは1995年8月17日生まれの17歳。
彼女は昨年11月のRostelecom Cupでキーラ・コルピに次ぐ2位。
グレーシーゴールド.jpg


7位のケイトリン・オズモンドも1995年12月5日生まれの17歳。
彼女は昨年10月のシニアデビュー戦のGPシリーズカナダ杯で鈴木明子らを抑えて優勝しています。ケイトリン・オズモンド.jpg


10代で世界で活躍出来るなんてすごいですよねぇ!
これからもどんどん出てきそうです。
posted by micchida at 16:23| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

春高バレー

2013年春高バレーが13日に終わりました。

下北沢成徳が優勝。
下北沢成徳は木村沙織・荒木絵里香・大山加奈を輩出した高校です。

大会4連覇を狙った東九州龍谷は3回戦で京都橘に負けてしまいました。
東九州龍谷は昨年の夏のインターハイで初戦敗退。秋の国体でもやっとの4位で今年は期待されていませんでした。やはり毎年選手が入れ替わる高校で連続して勝つことは奇跡に近いですね。

我が千葉県代表の柏井も準決勝で準優勝した山口の誠英に負けました。
注目の泉彩子ちゃんは、大会前に左足首捻挫をしてしまい力を発揮出来ませんでした。
悔いの残る大会になってしまったでしょうね。


今大会の注目選手をピックアップしました。

・古賀紗理那
 熊本信愛女学院(1年)・180cm・ウィングスパイカー
 2012アジア選手権でMVP・ベストスコアラー賞
 全日本の眞鍋監督も大注目の最優良株

・田原愛里
 文京学院(1年)・161cm・セッター
 2012アジア選手権でベストセッター賞
 美人セッターとして注目

・伊藤望
 九州文化学園(長崎・3年)・178cm・ミドルブロッカー
 2011世界ユース選手権代表
 全日本ジュニア候補

・野村明日香
 九州文化学園(長崎・3年)・181cm・ウィンドスパイカー
 2011世界ユース選手権代表
 全日本ジュニア候補

・塚田しおり
 川崎橘(3年)・172cm・セッター
 2012インターハイベスト6
 全日本ジュニア候補

・針生瑞希
 共栄学園(3年)・170cm・ウィンドスパイカー
 2012インターハイベスト6

・辻村夏子
 共栄学園(3年)・172cm・ウィンドスパイカー
 2011世界ユース選手権代表

・峯ア恵利加
 鹿児島女子(3年)・170cm・ウィンドスパイカー
 2012インターハイベスト6

・朝日優衣
 県岐阜商(3年)・173p・ウィンドスパイカー
 2011世界ユース選手権代表

・小笹奈津子
 下北沢成徳(3年)・175cm・ウィンドスパイカー
 2013春高最優秀選手賞

といったところでしょうか。
それにしても残念ながら小粒ですね。
世界で戦っていくには単純にまず身長ですからね。

それでも古賀紗理那選手は大いに期待されます。
なんでも木村沙織にキム・ヨンギョンを足した位の評価がされているようです。
全日本への抜擢もありそうですね。
将来に向けてしっかり育って欲しいですよね。

 
posted by micchida at 21:51| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。